アスタキサンチン

アスタキサンチンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 アスタキサンチンとは、カロチノイド系色素の一種で、鮭、イクラ、マス、オキアミ、エビ・カニ類などに含まれる赤色の色素です。 エビやカニが茹でると赤くなるのは、タンパク質と結合しているアスタキサンチンが分離するためです。
 アスタキサンチンはビタミンEの約1000倍、βカロチンの100倍という強い抗酸化力を持ちます。特にアスタキサンチンは血液脳関門を通過できるため、脳の活性酸素除去に効果的です。痴呆・不眠症、もの忘れ、脳出血、動脈硬化、脳梗塞などの予防のほか、シミ・シワの予防や美白にも役立つと言われています。

アスタキサンチンを含む食品

アスタキサンチン