タウリン

タウリンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 タウリンとは、アミノ酸の一種で、貝類やイカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれます。タウリンには、胆汁酸の分泌を促進し、肝細胞の再生を促す作用があります。胆汁酸には血液中のコレステロール値を低下させる働きがあることから、コレステロールによる動脈硬化や胆石を予防する効果が期待できます。また、肥満を予防する作用があることが報告されています。

タウリンを含む食品

タウリン