ルテオリン

ルテオリンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 ルテオリンとは、フラボノイドという抗酸化物質の一種で、肝臓の解毒作用を促進させる働きがあります。花粉症やアトピーといったアレルギー症状を抑えることで知られています。ルテオリンなどのポリフェノールは、「ロイコトリエン」という炎症を引き起こす物質を作り出す際に必要な酵素を阻害し、花粉症の症状、特に鼻づまりに効果を発揮すると言われています。また、しみ・そばかすなどの予防効果も期待されています。

ルテオリンを含む食品

ルテオリン