ヨウ素

ヨウ素の効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

ヨウ素は、1811年に海藻灰から発見された元素です。ヨードと呼ばれることもあります。体内のヨードの大半は甲状腺に貯蔵され、必要に応じホルモンとして放出されます。発育、中枢神経系の機能維持、などに関与し、欠乏すると甲状腺肥大、肥満症、むくみ、疲れなどの症状などを表しますが、長期に過剰に摂取すると、稀に甲状腺異常を引き起こします。ヨウ素は海水中に多く存在するため、海藻類や魚介類に豊富に含まれています。海産物を主とした高ヨウ素摂取の伝統的食習慣を持つ日本では、ヨウ素の摂取量が必要量を大幅に上回っているため、不足が問題となることはありませんが、過剰摂取により健康障害が引き起こされるため、ヨウ素の摂取を目的としたサプリメント類の利用には注意が必要です。

ヨウ素を含む食品

ヨウ素