リコピン

リコピンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 リコピンとは、トマトの赤い色素で、カロテノイドの一種です。リコピンの働きとしてよく知られているのが抗酸化作用です。抗酸化効果が非常に強く、βカロテンの2倍以上ともいわれています。  ガンや、老化の抑制、紫外線による肌ダメージの緩和、心疾患、動脈硬化などの予防など、様々な効果があると言われています。  リコピンを多く含む食品では、トマトが良く知られています。生よりも加熱している場合の方が吸収画です良く、油、熱には強いため、トマトの煮込み料理などにより効率よく摂取できます。

リコピンを含む食品

リコピン