カプサイシン

カプサイシンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 カプサイシンとは、唐辛子に含まれる辛味成分です。殺菌作用・健胃作用・体を暖める効果があります。
 体内にカプサイシンが入ると、内臓感覚神経に作用し、副腎からアドレナリンが分泌されます。その結果、エネルギー代謝が盛んになり、血行を良くして体温を上げます。そのため脂肪の代謝が促され、冷えやむくみも改善されていきます。適度な量のカプサイシンを摂取し、運動を行えば、ダイエット効果が期待できます。 さらに便秘の解消、免疫力を高めることによる発ガン抑制、などの効果も期待されています。

カプサイシンを含む食品

カプサイシン