カテキン

カテキンの効果

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

 カテキンとは、緑茶の渋味成分の一種で、タンニンとも呼ばれています。カテキンは抗酸化物質「ポリフェノール」の一種で、老化や発ガン性物質生成の原因となる活性酸素を抑える働きがあります。  現在最も注目されているカテキンの効果は、抗ガン作用と抗微生物作用です。緑茶から抽出されたポリフェノールには、ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍というすぐれた抗酸化力があります。また細胞や遺伝子の損傷を防ぐ働きがあり、紫外線やストレスなどから身を守る効果が期待されています。

カテキンを含む食品

カテキン