牛肝臓 レバー 100g

牛肝臓 レバー 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 132 71.5 19.6 19.6 3.7
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
100 3.7 0 微量 1.5 5
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
330 4 55 300 12000 40
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
40000 0 0.22 3 13.5 30 0.1

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

注目の微量栄養素


※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

牛肝臓 レバー

牛肝臓 レバー Twitter

  • 鉄分不足な自分にとっては肝臓チップスとか売ってくれないかな...牛タンチップスみたいなのはあるんだからさ...レバー苦手なんだよぉ。゚(゚^ω^゚)゚。
  • 【レバー】肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴。味にクセがあるため敬遠する人も多いが、ビタミンAや鉄分を大量に含む優秀部位です。刺身にしても美味しい。
  • @face_was_dead 粘膜の炎症を抑え、治りやすくするための栄養素『ビタミンB2』と『ビタミンC』の摂取が口内炎の治療に役立ちます。ビタミンB2はウナギ、牛や豚、鳥の肝臓(レバー)、青魚に多く含まれています。1日に必要なビタミンB2の摂取量は18歳以上で、男性が1.6mg
  • レバー:牛の肝臓です。ビタミンや鉄分を多く含みます。実際に肉食動物が最初に食べるのですから、その栄養はダントツです。 https://t.co/9oNGun3uaC
  • 【レバー】肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴。味にクセがあるため敬遠する人も多いが、ビタミンAや鉄分を大量に含む優秀部位です。刺身にしても美味しい。
  • 焼肉で一番好きな部位ってレバーだしできることなら牛から肝臓ぶち抜いてブロックのままレバー焼いて食べたい
  • 言わずと知れた牛の肝臓、レバー。モツの中では最も大きく、一頭の牛から5~6kgほど取れるよ。繊維質が多めで柔らかく、サクッとした歯ごたえで、栄養価がとても高く、たんぱく質やビタミンA、鉄分などのミネラルも豊富に含んでいる。甘口の付けダレていただくとくさみが抑えられておすすめだよ!
  • 【レバー】肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴。味にクセがあるため敬遠する人も多いが、ビタミンAや鉄分を大量に含む優秀部位です。刺身にしても美味しい。
  • @adamzero64 生き物の肝臓のことをレバーといいます。 主にレバ刺しとは牛レバーの刺身を指しますが法により規制がかかり店で出せないようになったのです。
  • 【レバー】肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴。味にクセがあるため敬遠する人も多いが、ビタミンAや鉄分を大量に含む優秀部位です。刺身にしても美味しい。
  • ちょっと太ってしまったのだ。肝臓を食べすぎてしまったのだ。あ、白メジェドとは違って黒メジェドの主食は肝臓なのだ。白メジェドの逆といっても善人の肝臓じゃないから安心するのだ。豚とか牛のレバーなのだ。 #メジェド #黒メジェド https://t.co/AZJVzPEGjc
  • 【レバー】肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴。味にクセがあるため敬遠する人も多いが、ビタミンAや鉄分を大量に含む優秀部位です。刺身にしても美味しい。
  • ちょっと太ってしまったのだ。肝臓を食べすぎてしまったのだ。あ、白メジェドとは違って黒メジェドの主食は肝臓なのだ。白メジェドの逆といっても善人の肝臓じゃないから安心するのだ。豚とか牛のレバーなのだ。 #メジェド #黒メジェド https://t.co/AZJVzPEGjc
  • ビタミンB6が不足すると 脳の伝達物質のバランスを正常に保つことができなくなります。ビタミンB6を多く含む食品には 牛レバー(肝臓) 鶏ひき肉 まぐろ かつお きな粉 だいず バナナ プルーン(乾)があります。