ショートニング 100g

ショートニング 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 921 0 0 0 100
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
11 0 0 微量 0 0
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
0 0 0 0 0 0
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
0 10 0 0 0 0 0

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

ショートニング Twitter

  • RT @katsuhiro223: 宣伝しよう。 『純国産 北海道バタークッキー』 膨張剤 乳化剤 香料無添加 マーガリン ショートニングも不使用 原材料欄もぜひご覧を。 こだわりの逸品です! #北海道 #バタークッキー #ノースカラーズ https://t.co/X04cBt
    North_Colorsがリツイート
  • @Simon_Sin ショートニングの規制は進まないですね。バターも足りてないし、このままウヤムヤになりそうです。
  • 甘いお菓子は便秘にもニキビにもなりやすい。 バターや植物油脂やショートニングなど油脂が多いのでニキビは改善しにくい。 甘いお菓子には白砂糖が多い。 白砂糖を摂りすぎると胃の動きが鈍くなる糖反射が起こる。 細胞の働きが緩慢になって胃腸の働きが悪くなって便秘になりやすい。
  • 食養生OK! マーガリン・ショートニング不使用! 厳選素材!の出来立てパン、入荷しましたよー☆ 県内でもとても評価の高い「ブランジェリー・アイプラス」さんの厳選素材パンを、てんぶすでも取り扱うことになりましたー☆... https://t.co/0uDfaPTXiu
  • 免疫機能を弱らせる食品 最後は、インスタント食品やファーストフード。 これらは、トランス脂肪酸を多く含む食品です。 主にマーガリンやショートニングなどの加工油脂に含まれる、トランス脂肪酸も、 免疫系への悪影響が懸念されています。
  • 帰宅したら納豆ごはんとか、シンプル飯が食べたいと思っていたのに、瞑想で疲労が出始めたあたりから急に甘い物が食べたくなって、ショートニングまみれの昭和のクリームパンが死ぬほど美味かった💦口の中に広がるムニョムニョホイップクリームとザクザクグラニュー糖がたまらん💦 食欲が狂ったー😭
  • 【健康】トランス型脂肪酸をご存知ですか?「食べるプラスチック」「狂った油」などと呼ばれています。先進国で規制されていないのは唯一日本ぐらいです。主にマーガリンやショートニングなどに含まれていますので注意しましょう!
  • また、アメリカやカナダでは使用禁止の運動が起きている状況です。けれど、日本ではまだまだマーガリンやショートニングの危険性が十分に認知されているとは言えず、今でも当たり前のように私達が口にする食品に含まれています。
  • 小麦粉抜きはダイエットに効果があります。では何故小麦粉抜きが良いの? 1中毒性がある。2インスリンの分泌を急激に上げる。3小麦アレルギーになる。4マーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸と仲良しである。 https://t.co/tlRXsOjccY
  • コンビニで美肌に大丈夫なものを書きます。素焼きアーモンド、枝豆、干し芋、100%野菜ジュース、無添加甘栗、ミネラルウォーター等です。油脂を含まないものを選ぶことです。油脂が肌や体に悪いトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンが使っているものが多いので注意です。
  • 【マッククルーあるある】 ショートニングが固くなると冬を感じる
  • <フレッシュ&フレッシュ> 生クリームは純乳脂肪のフレッシュクリーム。(植物性脂肪のホイップクリームは不使用)バタークリームは純乳脂肪のフレッシュバター。(マーガリン、ショートニング不使用)
  • 【良い油、悪い油】 ・積極的にとるべき油(α-リノレン酸)…えごま油、しそ油、青魚の油 ・とりすぎず、良質のものをとると良い油(オレイン酸)…オリーブ油、ピーナッツオイル、キャノーラ油 ・摂取しない方がいい油(トランス脂肪酸)…マーガリン、ショートニング、スナック菓子
  • コンビニで美肌に大丈夫なもの。素焼きアーモンド、枝豆、干し芋、100%野菜ジュース、無添加甘栗、ミネラルウォーター等です。油脂を含まないものを選ぶことです。油脂が肌や体に悪いトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンが使っているものが多いので注意です。
  • まず、問題になってくるのが、マーガリンやショートニングに含まれている脂肪、「トランス脂肪酸」と呼ばれているものです。
  • @cool_itibanStar 小麦粉、植物油脂、砂糖、ごま、ショートニング、加糖れん乳、ココナッツ、すりごま、ブドウ糖、マーガ
  • コンビニで美肌に大丈夫なもの。素焼きアーモンド、枝豆、干し芋、100%野菜ジュース、無添加甘栗、ミネラルウォーター等です。油脂を含まないものを選ぶことです。油脂が肌や体に悪いトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンが使っているものが多いので注意です。
  • @twinlittle3 ミスドってヘルシーなん?ショートニング油やろ?あれってプラスチック溶かした油やん、このドーナツはショートニング使ってないん?
  • 炭水化物にもさまざまありますが、お米を水で炊くご飯は水分を多く含んでいて、食べたときの満足感があり、必須アミノ酸や食物繊維も豊富。一方、パンは腸や脳の働きを乱すグルテン、脂肪になりやすいショートニングがたっぷり。パンに比べてお米の方が太りにくく、ヘルシーな食品と言えます。
  • RT @purinchandog: ①【軟化油(マーガリンやショートニング)を食べない】軟化油はトランス脂肪酸と言われるもので、液体の油である不飽和脂肪酸に水素を添加して作られたものだ。それはマーガリンなどに使われている。毒性が強いだけでなく、動脈壁を傷つけるため心臓病の原因と…
    kazukichibabyがリツイート
  • ねえユキちゃん~~ショートケーキのショートってなんだろ~~?ショートニング~~~?? あっ いちごおいしいねえ~
  • あなたが摂ってはいけない油はマーガリン、ショートニング、キャノーラ油、サラダ油、紅花油、コーン油、大豆油などの植物性油です。これらは高温にするとトランス脂肪酸になります https://t.co/cGpVRLzGye
  • ダイエットに向くお菓子は野菜やおからが入っているお菓子ですよね。でも精白された砂糖がたっぷりだったり、トランス脂肪酸が多いマーガリンやショートニングなどがたくさん使われている時はお肌によくありません。ダイエットにも不向き。品質が良いお菓子を選ぶか手作りしてみましょう。
  • 「悪い油を使ったものは身体に最悪(1)酸化した油(2)トランス型不飽和脂肪酸(3)リノール酸油脂過剰摂取 」/ (2)は特に注意です!プラスチックと同様の構造式のため大変毒となる。マーガリン、ショートニング、スナック菓子、チョコレートなど
  • オメガ6系油(なたねや大豆、サラダ油)やトランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)は代謝に関わる甲状腺ホルモンやレプチンなどの機能を低下させます‥。加工食品(スナック菓子や焼き菓子、パンなど)や揚げ物などの摂りすぎは高カロリーに加えて、ホルモン機能を狂わせる恐れがあります。
  • 【良い油、悪い油】 ・積極的にとるべき油(α-リノレン酸)…えごま油、しそ油、(亜麻仁油)魚の油 ・とりすぎず、良質のものをとると良い油(オレイン酸)…オリーブ油、ピーナッツオイル、キャノーラ油 ・摂らない方がいい油(トランス脂肪酸)…マーガリン、ショートニング、スナック菓子
  • 【身体を老けさせる食べ物】 糖質を油で揚げた食品、つまりはドーナツやフライドポテト、ポテトチップスなどは添加物や科学調味料も多く酸化が進んでいる為身体に毒です。 トランス脂肪酸を多く含むショートニング、マーガリン、市販のマヨネーズ等も危険な食品の代表です。
  • RT @muaidesu: トランス脂肪酸は体での利用価値はなく、他の油脂を代謝する様に代謝出来ず体脂肪になり病気にも繋がる。 日本では規制がされてないので自分で規制しなければならない。 何度も言うが、原材料名にマーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、植物油脂が書かれて…
    akasari_eがリツイート
  • RT @rosier_ibuki: 余った卵白に家にあった 小麦粉と砂糖とバターと バニラエッセンス混ぜた🙂 ⒈絞る⒉焼く⒊裏にして冷ます 意外と簡単に出来あがり~🐥 はじめての『ラングドシャ』 半分バターなくて家にあった ショートニングで代用… 次はもう少し生地緩くしよ…
    hytv1_8がリツイート
  • 【良い油、悪い油】 ・積極的にとるべき油(α-リノレン酸)…えごま油、しそ油、青魚の油 ・とりすぎず、良質のものをとると良い油(オレイン酸)…オリーブ油、ピーナッツオイル、キャノーラ油 ・摂取しない方がいい油(トランス脂肪酸)…マーガリン、ショートニング、スナック菓子