濃厚加工乳 100g

濃厚加工乳 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 69 87.1 3.2 3.2 4
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
微量 4.9 0 微量 0.8 110
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
100 0.1 55 170 34 15
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
140 微量 0.03 0.17 0.1 微量 0.1

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

濃厚加工乳 Twitter

  • 生乳に、無脂肪牛乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたものが加工乳です。 成分の規格は「乳等省令」によって、無脂乳固形分は8.0%以上と規定されています。 乳脂肪分の規定はなく、低脂肪タイプと成分を濃くした濃厚タイプに分かれます。
  • 生乳に、無脂肪牛乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたものが加工乳です。 成分の規格は「乳等省令」によって、無脂乳固形分は8.0%以上と規定されています。 乳脂肪分の規定はなく、低脂肪タイプと成分を濃くした濃厚タイプに分かれます。
  • 生乳に、無脂肪牛乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたものが加工乳です。 成分の規格は「乳等省令」によって、無脂乳固形分は8.0%以上と規定されています。 乳脂肪分の規定はなく、低脂肪タイプと成分を濃くした濃厚タイプに分かれます。
  • 生乳に、無脂肪牛乳、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの乳製品を加えたものが加工乳です。 成分の規格は「乳等省令」によって、無脂乳固形分は8.0%以上と規定されています。 乳脂肪分の規定はなく、低脂肪タイプと成分を濃くした濃厚タイプに分かれます。