あひる肉 100g

あひる肉 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 337 54.3 16 16 28.6
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
80 0.1 0 微量 1 15
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
85 1.8 47 300 150 微量
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
500 0 0.22 0.3 3.5 2 0.1

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

あひる肉

あひる肉 Twitter

  • @ahiruunruun 右の肉はあひるさんが狩った鹿ですか
  • @JO1NLP あひるご飯って、合鴨の肉ですか?(違うw
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    ootokageotokoがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    fuko_yagiがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    yurunepaperがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    _basicenoがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    static_intがリツイート
  • 憂鬱なる桜が遠くからにほひはじめた 桜の枝はいちめんにひろがつてゐる 日光はきらきらとしてはなはだまぶしい 私は密閉した家の内部に住み 日毎に野菜を食べ 魚やあひるの卵を食べる その卵や肉はくさりはじめた 遠く桜のはなは酢え 桜のはなの酢えた匂ひはうつたうしい…
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    emutyanao81がリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    minakusujariがリツイート
  • RT @sh401b: あひるさん減量したらフォワグラ採れなくなっちゃう。代わりに、良いもも肉か胸肉が手に入るのか。悩ましい。
    mary_yagaがリツイート
  • あひるさん減量したらフォワグラ採れなくなっちゃう。代わりに、良いもも肉か胸肉が手に入るのか。悩ましい。
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    harucakeがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    ahiruumaがリツイート
  • 自撮りのチェックパイント(ダメな例)。 ・目を見開きすぎて額にシワが出ていませんか? ・小顔に見せる為に顎を引きすぎて首の皮や顎の肉が大変なことになっていませんか? ・あひる口を張り切りすぎてタコみたくなっていませんか? ・無駄なピースをしていませんか?
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    nikuman_tokaがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    negimataがリツイート
  • 今日は端午節でしたね。記事によると邪気を払うためにあひるの肉を食べるそうですが、偶然なのか知ってのことなのか、同僚が永年勤続ボーナスが出たので、あひる肉とお粥を奢ってくれました。別の同僚は「お腹の中の虫を殺す日」と教えてくれました https://t.co/c9oyI7M4v3
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    meggienuがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    niningasihがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    sterndracheがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    LucoColumがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    yosugaareがリツイート
  • @UKnow_Yunpo はぁ… 人間の無駄な肉ほど役にたたないものはありませんねぇ… 牛なら霜降りとか…あひるならフォアグラとか… (じーっ)はぁ…残念です
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    C_RA_Iがリツイート
  • 自撮りのチェックパイント(ダメな例)。 ・目を見開きすぎて額にシワが出ていませんか? ・小顔に見せる為に顎を引きすぎて首の皮や顎の肉が大変なことになっていませんか? ・あひる口を張り切りすぎてタコみたくなっていませんか? ・無駄なピースをしていませんか?
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    LI2qmHErmYaD73Lがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    nagoyakorekiyoがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    kouchanusuiがリツイート
  • RT @visco110: 森永製菓あひる課。戦後、砂糖が解禁される昭和27年まで、森永や明治といった製菓会社はさまざまなサイドビジネスで糊口を凌いでいた。その中の一つが「あひる課」で、農家へアヒルを預け、フンや卵を回収して肥料や肉を生産していた。 https://t.co/e
    EfX6gnvがリツイート