ショートニング 100g

ショートニング 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください
廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 921 0 0 0 100
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
11 0 0 微量 0 0
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
0 0 0 0 0 0
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
0 10 0 0 0 0 0

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

ショートニング

ショートニング Twitter

  • ダイエットを妨げる食品・マーガリン・ショートニング・コーヒークリームなどの人工的に水素添加された油・分解されにくく身体の中に溜まる時間が長く燃焼されにくい
  • 質の悪い「トランス脂肪酸」が多い、ショートニングやマーガリンを含む食品は避けて。原材料名の確認を。また、人工甘味料は、体が糖を欲しているときにとっても脳が満足せず、食欲が暴走してしまう。乳製品と小麦製品もとりすぎないようにしよう
  • 油で揚げたお菓子(ポテトチップスなど)は体の老化を早めてしまいます。アンチエイジングの敵とも言えます。またマーガリン・ショートニング(お菓子やパンに使われている油脂)なども極力摂らない方がいいですよ。
  • 免疫機能を弱らせる食品 最後は、インスタント食品やファーストフード。 これらは、トランス脂肪酸を多く含む食品です。 主にマーガリンやショートニングなどの加工油脂に含まれる、トランス脂肪酸も、 免疫系への悪影響が懸念されています。
  • 原材料 小麦粉、砂糖、ショートニング、乳糖、ミルクシーズニング、加糖練乳、マーガリン、食塩、でん粉、乳酸菌(有胞子性乳酸菌)、炭酸Ca(炭酸カルシウム)、膨張剤、乳化剤、香料、調味料(アミノ酸等)、V.B1、V.B2、V.D (原材料の一部に大豆を含む)
  • トランス脂肪酸を含むショートニング、マーガリンはゴキブリも寄り付かない毒物。 いますぐやめなさい。
  • 僕が入っていたら絶対買わない原材料 ①果糖ブドウ糖液糖 ②トランス脂肪酸(植物油脂、ショートニング、マーガリン…) ③人工甘味料(アセルファムK、アスパルテーム、ネオテーム、スクラロース…) 食事とは習慣であり習慣とは人生の大部分… https://t.co/tOh4UFz4Js
  • カリウム カルシウム マグネシウム ビタミンA B 肌にE あの子と食べたら気持ちE カカオとココアがショートニング! / Stick to fun! Tonight!
  • ⭐手軽なコンビニで美肌に効果的なモノとは 素焼きアーモンド、枝豆、干し芋、100%野菜ジュース、無添加甘栗、ミネラルウォーター等ですかね 大事なのは、油脂を含まない製品を選ぶことです❗ 油脂に肌や体に悪いトランス脂肪酸を含むシ… https://t.co/EdOrtPavdZ
  • ショートニング
  • ダイエットに向くお菓子は野菜やおからが入っているお菓子ですよね。でも精白された砂糖がたっぷりだったり、トランス脂肪酸が多いマーガリンやショートニングなどがたくさん使われている時はお肌によくありません。ダイエットにも不向き。品質が良いお菓子を選ぶか手作りしてみましょう。
  • 菓子やパンに使われるショートニングや、マーガリンなどの加工食品を作る際に生成される「トランス型脂肪酸」冠動脈疾患のリスクを高めることが証明されている。アメリカや中国などでは、その含有量を表示しなければならない。またスイス・デンマークなどでは量に規制あり。日本フリー
  • RT @poisoncookie00: ちなみにトランス脂肪酸はアメリカでは使用が規制されています。 「食べるプラスチック」とも言われていて、代謝は落ちるし老けるし肌荒れします。 原材料欄に 「マーガリン」「ファットスプレッド」「ショートニング」「加工油脂」 という表示があった…
    m_kirok2がリツイート
  • @takapon_jp 未だに、 マーガリンにショートニング、 トランス脂肪酸を使用‼️ それも大手企業。 知らな過ぎる日本人‼️ 心臓病に発ガン物質 これ 海外からバカにされません❓ 私も知らんかったけど…。
  • 🌟コンビニで美肌に効果的なモノ! 素焼きアーモンド、枝豆、干し芋、100%野菜ジュース、無添加甘栗、ミネラルウォーター等です。 油脂を含まないものを選ぶこと。 油脂が肌や体に悪いトランス脂肪酸を含むショートニングやマーガリンが使っ… https://t.co/4BKl8IryZK
  • そのチョウチョさんの ショートニングパウダーは 毒なんかじゃありませんわ
  • マーガリンやショートニング、フライドポテトにはトランス脂肪酸が多く含まれていることが多い! トランス脂肪酸の摂りすぎは、心臓病のリスクを高める。 欧米では規制がかけられているほどだ!
  • 少しだけ…少しだけ、熱いものが込み上げてきちまったぜ… 松岡○造のような熱い何かが… ○○ドナルドで言えば、ショートニング交換のような熱い何かが… https://t.co/1nBncYKuUl
  • RT @ecoiso: 【食の安全】食べてはいけないマーガリンとショートニング https://t.co/92j7s2A63cマーガリンはヨーロッパで販売中止、製造禁止している国も。トランス脂肪酸を含み、心臓病や、赤ちゃんの成長が遅れる事が分かってきている。10年前に危険性が分…
    tanakakazushigeがリツイート
  • @taromarumura わたしバセドウになったのも食欲出始めたのも高校生の頃なのでバセドウゆえの食欲なのかよくわからないんですよね。でもそれまではあまり食べない子だったのでやはりバセドウのせいかもしれないです。笑 ファストフー… https://t.co/zKRASpC7yk
  • 【悪い油】油には良い油と悪い油があります。 悪い油とはトランス脂肪酸(老化要因となる)を含むショートニング、マーガリンや水素添加されている市販のマヨネーズなどがその代表です。 また、時間経過した油や揚げ物などの高温調理した油も酸化が進んでいる為注意が必要です。
  • RT @bodysbible: トランス脂肪酸である マーガリン プラスチックの構造に類似 海外では食べるプラスチックと言われる 虫や動物も寄り付かない その他にショートニングやポテトチップスにもトランス脂肪酸は含まれる
    yokoyan1004がリツイート
  • @Himi_ADABANA 15個!それはすごい! バセドウ関係なくその食欲なんですかー? KFCも恐らくショートニングごりごり使用してると思いますよ〜。 ビスケット神。。
  • トランス脂肪酸である マーガリン プラスチックの構造に類似 海外では食べるプラスチックと言われる 虫や動物も寄り付かない その他にショートニングやポテトチップスにもトランス脂肪酸は含まれる
  • @taromarumura ナゲット15個入りです笑 KFCもショートニング使ってるのでしょうか。やばいですよね~。でもそんなことどうでも良くなるくらいビスケットは美味しいですね😋
  • @Himi_ADABANA ナゲットの量、ハンパないですね!笑 私は今日ずっと食べたかったKFCのフィレサンド、ポテトL、更にビスケットも… ショートニングやばいけど、無心で食べてしまいましたねー
  • 欧米型食生活とおさらばしましょう!具体的には、動物性食品や油脂類(植物油、マヨネーズやドレッシング、マーガリン、ショートニング、ポテトチップスやフライドポテト、フライ、ドーナツなどの揚げ物)を含まない食事で、果物や野菜、穀物、豆類をたくさん取っていきましょう。
  • RT @poisoncookie00: ちなみにトランス脂肪酸はアメリカでは使用が規制されています。 「食べるプラスチック」とも言われていて、代謝は落ちるし老けるし肌荒れします。 原材料欄に 「マーガリン」「ファットスプレッド」「ショートニング」「加工油脂」 という表示があった…
    jyQ81qenx8X0Olzがリツイート
  • RT @Goodbye_allergy: ●炎症を起こすオメガ6系の油 化学溶剤のヘキサンで油を溶かし 複数の工程を経て加工・精製 サラダ油 キャノーラ油(菜種油) コーン油 大豆油 ひまわり油 グレープシードオイル サフラワー油(ベニバナ油) パーム油 米油 ごま油など…
    GObulkup1009がリツイート