でん粉 米 100g

でん粉 米 100gのカロリー・栄養

食品の名前で検索できます。検索できない時はひらがなで入力してみてください

廃棄率
(%)
エネルギー
(kcal)
水分
(g)
蛋白質
総量(g)
蛋白質
動物性(g)
脂質
(g)
0 366 9.7 0.2 0 0.7
コレステ
ロール
炭水化物
糖質(g)
炭水化物
繊維(g)
食物繊維
(g)
灰分
(g)
カルシウム
微量 89.3 0 微量 0.1 29
リン

ナトリウム
カリウム ビタミンAレチノール
当量(μg)
ビタミンA
カロチン(μg)
20 1.5 11 2 0 0
ビタミンA
効力(IU)
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
ビタミンC
食塩
(g)
0 微量 0 0 0 0 0

特に表記のあるもの以外、単位はmgです

PFCバランス
微量栄養素

※PFCバランスとは、蛋白質(P)脂質(F)炭水化物(C)のバランスをカロリー換算で表したものです。正三角形に近いほど、単品でバランスの優れた食品と言えます
※微量栄養素は、それぞれの栄養素の一日必要量に対するパーセントを表示しています。18-29歳女性の所要量を基準としています

でん粉 米

でん粉 米 Twitter

  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • クミタス レシピ 米粉と甘藷でん粉のうどん(小麦、大豆、油不使用) https://t.co/v82XuwVsEH
  • 【穀類の炭水化物】 うるち米のでん粉 アミロース20% アミロペクチン80% もち米 アミロペクチン100% 小麦、大麦はアミロースの割合が 25%と米より若干多い
  • 白米は、冷やすことでレジスタントスターチがUP。 日本のお米よりもタイ米の方がレジスタントスターチが多い。 ライスサラダにはタイ米♪ レジスタントスターチ:消化されにくくそのまま腸に届いて食物繊維と同じような作用をし、ダイエットや腸内環境美化をサポートする身体に優しいでん粉。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 米やイモ類などに含まれるレジスタントスターチは、普通のでん粉に比べ消化されにくいため、糖として吸収されず、余分な糖が脂肪として蓄積される心配がありません。腸内で発酵分解されると、ダイエットの強力な味方「短鎖脂肪酸」を産生します。
  • 米やイモ類などには、「レジスタントスターチ」と呼ばれるでん粉が含まれています。これは、消化されにくくそのまま腸に届いて食物繊維と同じような作用をし、ダイエットや腸内環境美化をサポートする、身体に優しいでん粉。調理した後に冷やすと増えることがわかっています。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 【とうもろこし 種類と性状】 ・フリント(硬粒)種と  デント(馬歯)種 飼料用やでん粉原料 ・ソフト(軟粒種) 生食やでん粉原料 ・ワキシー(もち)種 もち米に混入利用
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。
  • 日本で主食として食べられるジャポニカ米で炊いたご飯は、冷めてもでん粉が硬くなりにくく、味も落ちにくいため、他の品種と比べておにぎり作りに向いている。コンビニエンスストアなどで販売されているおにぎりの中には、「冷めても美味しい」性質が一段と高い低アミロース米が用いられることも多い。